黒砂糖のお話

沖縄の代表的な県産品といえば
誰もが口にしたことがあるといえよう「黒砂糖」。
幼い頃、家のお菓子箱の中には常にこれがあったように記憶している。

ほとんどの家庭でお茶うけとして常備しているため、
近所のおばあの家に遊びに行くと出てくるのはたいがいこれ..。
当時はそんなに好きではなく、
心の中で少々がっかりしたものだった笑

東京に来てからはすっかり口にする習慣がなくなってしまったけど、
この歳になって、たまに出会う黒砂糖は味わい深くてとても美味しいと感じる。

さて、その黒砂糖ですが、
店でもシフォンケーキに使っていて、
「黒糖ジンジャーのシフォンケーキ」と称して時々販売しています。
黒糖には、加工黒糖と表示されたものもありますが、
CUMIで使用するのは(沖縄県産純黒糖100%)です。
それには、沖縄県黒糖協同組合のマークがついているのですぐに見分けられます。

沖縄県黒糖協同組合の商品は離島のものが多いですね。

純黒糖にはミネラルがとても豊富ですが、少し癖があるのでしょうがを加えています。
沖縄の家庭料理の一つに(ちんびん)というお菓子があります。
小麦粉を水で溶いて黒糖を混ぜてできた生地をフライパンで焼き、クレープのように丸めて出来上がり。
シンプルですが、大好きなおやつのひとつでした。

黒糖としょうがの組み合わせは体に良くてとても美味しいですよ。
近いうちにまた(黒糖ジンジャーのシフォンケーキ)作りたいと思います。
あ、(ちんびんシフォン)に名前を変えようかなあ..。